むくみ対策の為の漢方薬や薬はあるの?

・朝起きると顔や手がむくんでいる
・夜になると足がむくんで靴がきつい

漢方薬や薬で良くするされるのなら飲んでみたいと考えていませんか?

ここではあなたがむくみを良くするために選ぶ漢方薬について、知識が広がるようわかりやすくお話していきます。

薬局で買えるむくみにおすすめな漢方薬・薬・副作用などについてもお話していくので漢方薬や薬を買う時・漢方専門医に相談する時などの参考にして下さいね。
ご存知ですか?漢方よりコスパに優れる天然原料の脱むくみサプリ
1か月飲むと6,000円弱はする脱むくみの為の漢方。しかし、天然素材でカリウムをたくさん摂れる脱むくみサプリであればコストは半分以下に。

むくみ対策サプリの定番。するるのおめぐ実の口コミレビューです。1ヶ月980円で試せて合わなかったら返品可能。2回目も一番安い。
漢方や薬でむくみって良くできるの?


むくみは漢方薬や薬を使うことで良くできます。

しかし、漢方薬や薬のメリットをしっかりと理解し、用法・用量を正しく使用しなければ適切なメリットを得ることはできません。

漢方薬と薬でのむくみ良くするにはどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

漢方薬

漢方薬は中国から伝わった医学をもとに日本独自で発展を遂げた伝統医療です。

漢方医療では

・気=き(元気・気力)
・血=けつ(血液)
・水=みず(血液以外の体液やリンパ液)

の流れを重視してこれら3つのバランスが崩れた時に漢方薬を用いて整えます。

むくみの原因は漢方医学では水のバランスが崩れたことで起こる「水毒」によるものだと考えられています。

漢方薬でむくみに作用するメリットを持つものは『血』と『水』に作用するもの。

なのでむくみを良くするために用いる漢方薬は水の滞りを良くするものを基本とし、加えて自律神経やホルモン(気)の乱れが原因の血のバランスを整えることを考えた治療が一般的です。

治療薬

西洋医学の治療として用いられるむくみ良くするの薬は利尿作用のある利尿薬やカリウム、血液の循環を良くさせていきます。


ただし糖尿病や腎不全・心不全などカリウムの制限がある状況もあるので全てにあてはまるとは言えません。

身体のむくみにはほっておいてはいけない病気が隠れている場合もあります。

酷いむくみや長く続くむくみは一度病院で診てもらうことをおすすめします。

受診する病院は内科が一般的ですが今は漢方を重視して取り入れている病院やむくみ外来などもあるのでそういった病院を選ぶのも良いかもしれませんね。

薬局でも購入できるむくみに良い漢方薬と薬

市販されてるむくみに良い漢方薬は?

漢方薬は1つの薬剤にさまざまな生薬を組み合わせて作られた薬なので、一剤でいろいろな悩みを和らげたり解決したりすることが可能となります。

またその病状やその人の体質に合わせて選ぶことができるのも特徴の1つです。

さらに即効性があるものと長く飲み続けて効いてくるタイプがあるので薬局であれば薬剤師、また漢方専門医などに相談しながら選ぶことをおすすめします。

それではむくみに良く効くと言われている漢方薬を3つご紹介しますね。

漢方薬 メリットを発揮するむくみ メリット・効能
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
・当帰(トウキ)
・川?(センキュウ)

・芍薬(シャクヤク)
・蒼朮(ソウジュツ)
・沢瀉(タクシャ)
・茯苓(ブクリョウ)
・冷え性で月経痛やむくみが酷い ・めぐり良く
・鎮痛作用
・鎮静作用
・滋養供給
・利水作用
・精神安定
・胃腸を整える
・余分な水分を排出
・水の滞りを良くして水分代謝を正常化
防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
・防已(ボウイ)
・黄耆(オウギ)
・蒼朮(ソウジュツ)
・生姜(ショウキョウ)
・大棗(タイソウ)
・甘草(カンゾウ)
・立ち仕事やデスクワークで足がむくむ
・靴をはいていると足がむくむ
・体内の余分な水分を排出
・炎症や痛みを緩和
・体を温める
・消化機能を整える
・精神安定
・緊張を緩める
・利尿作用
五苓散(ゴレイサン)
・猪苓(チョレイ)
・茯苓(ブクリョウ)
・蒼朮(ソウジュツ)
・沢瀉(タクシャ)
・桂皮(ケイヒ)
・水分を体内にためこむタイプ
・喉が渇きやすい
・尿の量が少ない
・体内の余分な水分を排出
・胃腸の働きを助ける
・体を温める
・アルコール代謝良くする
・利尿作用
・消炎・解熱作用・精神安定
・消化機能高める
・口の渇き良くする

この3つの他にもむくみに良い漢方薬があります。

市販されているむくみに良い薬は?

市販されている西洋医学で言うところの医薬品はアンチスタックスという薬しか存在しません。

アンチスタックスは静脈の血流を良くすることで皮膚の下に残ってしまう水分をなくしていこう!という薬です。

軽度の軽度の静脈循環流障害にメリットを発揮するので、むくみに伴う足のだるさや重さ、疲れやツッパリ感、痛みといった悩み良くするにメリットを発揮します。


薬は飲んですぐメリットを発揮すると思われがちですが、アンチスタックスは飲み続けることでメリットの実感を発揮する薬となっています。

今すぐむくみを解決したいという方にはあまり向いていない薬かもしれません、、、

市販で漢方薬や薬を購入するときの注意点

薬局で買うときは薬剤師に相談することをおすすめします。

また妊婦の方は必ず主治医に相談して下さいね。

その他薬局で医薬品として市販されているむくみの薬もあるので漢方薬が苦手という方にはおすすめです。

この時も薬局の薬剤師に相談することをおすすめします。

むくみにおすすめな漢方薬や薬には副作用ってあるの?

漢方も西洋薬も『薬』なので当然副作用が存在します。

どんな副作用があるのか見ていきましょう。

漢方薬の副作用

漢方薬は生薬を使用しているため副作用はでにくいと言われていますが副作用はあります。

副作用として現れやすい悩みはアレルギー悩み。

いくつもの生薬を混ぜ合わせて作られている漢方薬だからこそ、薬でアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるのです。

アレルギー体質や体力がない方・持病等があった場合などは特に注意するようにしてください。

漢方薬を服用する時には必ず相談できる薬剤師がいるところを選ぶようにしましょう。

副作用とは少し違うかもしれませんが味があわないものは体質にあっていない場合もあります。

飲みやすさも選ぶポイントの1つに入れて下さいね。


薬(アンチスタックス)の副作用

もちろんむくみの市版薬も医薬品なので同じことが言えます。

アンチスタックスを飲むことで発生する可能性がある副作用は
発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、腹部不快感、腹痛、めまい、不安(落ちつきがない、気分不快等)、動悸、粘膜出血(鼻血、歯ぐき等からの出血)、胸苦しさ、血圧上昇(めまい、頭痛、肩こり)

全ての方にこういった副作用がでるわけではありませんvが、これらの副作用の出た場合には威容を中止して、アンチスタックスを持って病院で診断を受けるようにしてください。


漢方薬や薬の価格はどれくらい?

漢方薬や薬は副作用の心配も少なからずありますが、おすすめなものです。

お金のかからないものからお金がかかるものまで様々ある中で、市販の薬にはどれくらいお金がかかるのでしょう?

薬局で買えるむくみに良い漢方薬、薬の値段

漢方薬や薬って、病院で処方してもらうと2週間で1000円もしなかったりするので、値段が安いものだと思っていませんか?

その考えは間違いです。

病院で処方してもらえる漢方薬や薬は健康保険が適応されていますので、実際の値段よりはるかに安く処方してもらっているんですよ。

いざ買いに行って「え!?やっぱりやめようかな、、、」なんてことにならないよう、むくみに良い漢方薬と薬の値段を確認しておきましょう。

※漢方薬の値段は漢方薬で有名なツムラのHPを参照しています。
漢方薬
商品名 価格(30日分)
防已黄耆湯エキス顆粒 約5160円(税抜)
五苓散料エキス顆粒 約7500円(税抜)
当帰芍薬散料エキス顆粒 約6100円(税抜)
商品名 価格(30日分)
アンチスタックス 3900円(税抜)

結構しますね。

特に漢方薬は価格が高いにも関わらず、自分の体質に合わなかったらと考えたらぞっとします。

アンチスタックスにしても、メリットの実感をしっかりと感じるまでに3ヶ月の期間が必要になる場合があるだけでなく、そもそもこのページをみて頂いている方は漢方を探していますよね。

ツムラの漢方薬って公式通販ショップってないんですよね。だから薬局に行くか病院に行かないといけないんですが、そもそも高いし買いに行くのも億劫だしという方も多いはず。

私の漢方薬はオンラインショップで買えるだけでなく、初回の申し込みに限られますが2,980円(税別)で購入することが出来ます。

あとポイントとしては、第2類医薬品の為自動で定期購入になることがありません
これは不便だと感じる人もいるかと思いますが、気付いたら定期購入になっていて2回目を買わないといけなくなったなんてことがありません。

公式ホームページにも、
※医薬品の定期購入は、以前ご購入いただいた商品のみマイページからご注文いただけます。
との記載がありました。

薬局で売られている大手のむくみ用の漢方は、12日分で3,500円(税別)とか、1か月分5,500円(税別)とかなので、まず1ヶ月むくみ対策で漢方を飲んでみたいという方にはかなりおすすめできます。

当帰芍薬散は三大婦人漢方の一つで、更年期の方に病院で処方されるのですが、
「虚弱で血の巡りが悪く、むくみやすく冷えやすい」タイプの方に適している漢方であることに変わりはありません。
なぜなら「めぐりを良くして、余分な水分を取り除く」働きがある為です。

今のところ、むくみに悩んでいて第2類医薬品の漢方という選択であれば、最も財布に優しいのが私の漢方薬ということになります。

漢方薬や薬よりもメリット大!?むくみサプリとは

むくみサプリは漢方薬とは違い、むくみの原因に関係なく脱むくみにメリットを発揮してくれる健康食品です。

そのため、漢方薬のように体に合わないなんてことはあまりみられません。

しかし、健康食品のため、メリットを実感するのには個人差が存在します。

でも、良く考えて欲しいのは、むくみサプリは

・誰にでも
・どんなむくみにも
・高い脱むくみを発揮し
・コスパが最高!

という素晴らしい特徴があります。

もし「漢方薬はやっぱり高くてちょっと・・・」とお考えであれば、むくみサプリも検討してみてはいかがでしょうか?

漢方薬や薬はむくみ良くするのメリットが期待できます。

漢方薬や薬は適切なものを正しい方法で使用することで脱むくみに役立ちます。

しかし、ご存知のとおり漢方薬には独特の味や臭いがあったり、薬も通常の薬と異なりすぐにメリットが発揮されないことも十分考えられます。

また、漢方薬で言えば体に合っていないものを使い続けてもメリットが得られなかったりもするのです。

むくみにおすすめだといわれる漢方薬や薬はメリットが現れるのに時間がかかったりもします。

一概に脱むくみには漢方がおすすめ!とは言い難いところですので、サプリを使った方法も含めて検討してから漢方薬や市販薬の使用をおすすめします。