カリウムサプリが水太りやむくみを解消するのにおすすめ!

カリウムサプリには利尿作用があり、身体に溜まった老廃物を流してくれる働きがあります。

 

むくみは水分をたくさん摂るから起こるのではなく、下半身に溜まりやすい老廃物をうまく体外に排出できないからです。

 

 

ただでさえ女性はむくみやすく、年中むくみに悩まされがち。

 

夏は素足も出したいけどやっぱりむくみが気になる・・・という方も多いはず。

 

短期間で足痩せしたい方や下半身の水太りをなんとかしたい・・・という方にはカリウムサプリがおすすめです。

カリウムサプリを選ぶポイント
初回価格だけでなく2回目以降も2,754円とお値打ち。実績が高くいつでも解約できるのがするるのおめぐ実

 

カリウムサプリのロングセラーがきゅきゅっと小町ですが、最近はむくみサプリの種類も増えてきてだんだんと他におすすめできるサプリが多くなってきています。

 

 

カリウムサプリはカリウムが含まれておりむくみに効果的なのは当たり前。
そのため、当サイトではカリウムサプリのリピート率や安全性、価格などを指標にランキングを作成しています。

 

↓ランキングの根拠↓

 

※サプリは健康食品なので長期の使用によって効果を発揮します。そのため、価格は3ヶ月使用した場合の価格表記となっています。

サプリ名 コスト リピート率 副作用成分 定期縛り 総合評価
するるのおめぐ実
6488円
3pt

89%
2pt

なし
3pt

なし
3pt

11pt
むくらっく
6340円
3pt

不明
0pt

なし
3pt

なし
3pt

9pt
きゅきゅっと小町
10940円
1pt

92%
3pt

メリロート
キャンドルブッシュ
1pt

2回
1pt

6pt
美スラリッチ
8460円
1pt

89%
2pt

なし
3pt

2回
1pt

7pt
メグリスリコピンプラス
7981円
1pt

不明
0pt

メリロート
1pt

3回
1pt
3pt

 

おすすめのカリウムサプリランキング

利尿作用に優れたカリウムやメリロートを豊富に含む人気のカリウムサプリをランキングにしました。

 

するるのおめぐ実

 

価格 定期初回980円
※2回目以降2754円
定期縛り なし
1日のコスト 初月32円
2回目以降91.8円

ここ数年でカリウムサプリで不動の地位を確立したするるのおめぐ実。文句なしでランキングNO1。カリウムが非常に豊富なコーンシルクが主原料で、初回価格980円、2回目以降も続けやすい価格なのも魅力。定期購入の縛りもなくいつでも解約できるのも安心です。

 

 

むくらっく

価格 定期初回980円
2回目以降2680円
定期縛り なし
1日のコスト 初月32.6円
2回目以降89.3円

むくらっくもコーンシルクエキスが主成分のカリウムサプリ。1粒に100mg配合。するるのおめぐ実同様初回980円で、2回目以降は2680円とお値打ちなのでしっかり飲みたい方にはおすすめです。今までの実績や、スッキリ感といったところでするるには若干劣るかな?という印象です。

 

 

美スラリッチ

 

価格 定期初回500円
2回目以降3980円
定期縛り 2回
1日のコスト 初月28.3円
2回目以降132.6円

ブラックペッパーの原材料であるヒハツや利尿作用のあるスイカに豊富なシトルリンをはじめ、浮腫み解消に効果的な成分を凝縮したサプリです。実質送料のみで初回はお試しすることができ、2回目以降は3,980円の価格設定です。

 

 

きゅきゅっと小町

 

価格 定期初回980円
2回目以降4980円
定期縛り 2回
1日のコスト 初月32円
2回目以降166円

カリウムサプリのもうひとつのロングセラーがきゅきゅっと小町。カリウム170mg、メリロート8.75mgとバランスの良い配合。2回目以降が4,980円とするるのおめぐ実に比べて高いのがネック。
メグリスリコピンプラス

価格 初回990円(税抜)
2回目以降3200円(税抜)
定期縛り 3回
1日のコスト 初月35.6円
2回目以降106.6円

メグリスはカリウムだけでなく、むくみ解消に圧倒的な効果を発揮するメリロートも高配合したカリウムサプリです。コーンシルクエキス1800mg、カリウム1800mg、メリロート1800mg配合はかなり強力。読モの山本みらいさんがプロデュースしているカリウムサプリとして有名です。

 

 

 

 

カリウムサプリを比較して最もおすすめなのはするるのおめぐ実なのがわかりますね。

 

なんでカリウムサプリがおすすめなの?

むくみや水太りにおすすめなカリウムサプリ。

 

むくみにカリウムが良いというのは良く耳にすると思いますが、実際にはカリウムだけを補給してもむくみ解消効果はあまり期待できないって知っていましたか?

 

カリウムサプリがおすすめな理由について少しだけお話をしていきますね。

 

 

カリウムの摂取によりむくみが解消されるというのは本当の話です。

 

近年、私たちの食生活は欧米化の影響で塩分を多く摂取することが多くなったので、塩分を排出してむくみを解消という言い分は正しいのですが、カリウムが不足しているというのは本当のところはあまり影響していません。

 

というのも、カリウムは通常の食生活の中で不足することがない成分だからなんです。

 

厚生労働省が発表している資料の中に、
【健康な人において、カリウムの欠乏を起こすことはまずない。】
という文言があります。
参考:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000114400.pdf

 

私たちは普段生活をしている中でカリウムが足りていないということはありません。

 

 

ではなぜむくみ解消にカリウムサプリが良いといわれるのか。

 

それは、カリウムの摂取量を多くすることでむくみ発生の予防ができること。

 

カリウムサプリに含まれるその他の成分のおかげで効率よくむくみを解消できるからです。

 

 

カリウムバランサーなどのカリウムサプリではなく、むくみ解消のために作られたカリウムサプリの中には
・ポリフェノール
・利尿作用のある成分
・体のめぐりを良くする成分
などがふんだんに配合されています。

 

これらの成分はむくみや水太りが発生するメカニズムを先回りしてむくみを防ぐ効果が期待でき、カリウムにプラスしてこれらの成分がむくみの解消をスムーズにおこなってくれるのです。

 

カリウムサプリがむくみ解消に効果的だといわれるのは、【カリウムの効果】ではなく、【カリウムとその他の成分の効果】によってむくみの解消が期待できるからなんですね。

 

カリウムがむくみ解消に効果的なのではなく、むくみ解消を目的としたカリウムサプリがむくみに効果を発揮するということを覚えておいてくださいね。

 

むくみを解消するために気を付けること

とはいえ、全ての老廃物がすぐにセルライトになるわけではありません。ですから水太りを解消するために気を付けたり工夫することはいつからでも遅くないですし手遅れではありません。
それでは水太りやむくみを解消するためにどのようなことを工夫すればよいのでしょうか?

むくみ解消に効果的なお茶を飲んでみる

喉が渇いた時にジュースを飲んだり果物をたくさん食べたりするのではなく、むくみ解消に効果があるお茶に変えてみるというのは大変効果的です。むくみを解消する効果があるお茶としては、
・コーン茶
焼肉屋さんで置いているとうもろこしのひげが原料のお茶です
・鳩麦茶
ハトムギも利尿作用の高いお茶です。
・ドクダミ茶
好みがわかれるので飲み続けるのは難しい?
他にも黒豆茶やなた豆茶なども水太り解消に効果的と言われています。
なぜならこれらのお茶にはむくみを解消するのに有効なカリウムなどの成分が豊富で、
利尿作用が高い為、水分と共に老廃物を体外に流してくれます。

むくみ解消に効果的な運動をする

リンパから老廃物を流す為にも新陳代謝をあげるのは必須です。その為には適度な運動も不可欠です。
特にむくみやすい脚や二の腕の筋トレはとても効果的です。
筋肉をつけることで基礎代謝自体が上がりますし、何よりも筋肉が収縮するときにポンプの様な作用をして、
リンパの流れに沿って老廃物が流れやすくなります。ふくらはぎがパンパンになって悩んでいる方は、片足で立ってかかとを上げ下げしてふくらはぎに自重をかけてトレーニングするだけでもむくみ解消につながります。
また運動をすることは体温を上げたり汗をかくことにも繋がるので大変効果的です。

しっかりお風呂やサウナで汗を流す

お風呂やサウナにじっくり時間をかけて汗を流す習慣をつけましょう。基礎代謝の向上にも繋がりますし、
身体の老廃物を流す機能が活発化します。熱い温度のお風呂は避けて、ゆっくりと汗をかける状態にします。
半身浴も効果的です。少しでも老廃物を体外に流せるように習慣づけます。

むくみは水を飲まなくても解消しない?

水太りと言うと、水分をたくさん取っているからむくみが酷くなって太ると思っていませんか?
実はこれは半分間違い。確かに水分をたくさん取るとそのぶん体重は増えたりむくんだりしますが、
実はもっと問題なのは「余分な水分が体外に排出されない」ことなのです。

 

当サイトでは、水太り解消の為に知っておきたい基礎知識をまとめ、
水太りを解消するためにどんな方法があるのかをまとめてみました。

 

実は、水太りをしている状態というのは、確かに身体がむくんでいる状態なのですが、
このむくんでいる状態の時に、むくみ部位に溜まっているのは既に水分ではありません。
身体がむくむ原因は、リンパの流れが滞っていて、本来は尿や汗として体外に排出されるべき老廃物が溜まってしまうからです。ですから、水が溜まっているのではなくて老廃物が溜まっているのです。
身体の新陳代謝が低下している方は水太りになりやすい傾向にあります。ですから、
・冷え性に悩んでいる
・慢性的な肩こりや倦怠感がある
・喉が渇きやすく良く水分を取る
・トイレに行く回数が少ない
・ふくらはぎや顔がパンパンになる
こういった症状が見られる方は既に水太りしている可能性があります。

 

では、水太りの正体を放っておくとどうなるのでしょうか?

慢性的なむくみはセルライトに変化する

実は、水太りは放置するとむくみだけでは済まなくなります。むくみ部位に溜まっているのは水分ではなく、脂肪や様々な老廃物が滞っている状態。これを流さずに放置しておくとセルライトになってしまいます。
脂肪であれば燃やすことが出来ますが、セルライトは溶かすのにかなり手間がかかりますので、注意が必要です。
セルライトかどうかは、むくんでいる部位をぎゅっと寄せてみて、でこぼこしたりしこりのような塊が見えたらもうセルライトになってしまっています。水太りがセルライトにまで進行してしまったらただサプリを飲むだけでは解消しづらくなっていると言えます。

カリウムにはどんな効果があるの?

カリウムはミネラルの一種で私達の細胞の中に存在します。カリウムは成人男性の体内に約200g程存在します。カリウムの中心的な役割はやはりナトリウムとの相互作用である細胞内液の浸透圧の調節です。
また、心筋をはじめとする筋肉の機能を調整する働きも持っています。
カリウムが不足するとどうなるかというと筋力が低下したり、脱力感が強くなります。筋肉の機能の低下に伴って呼吸困難や不整脈の症状が現れる場合もあります。
少し生理的な役割の話しにそれてしまいましたが、カリウムをきちんと摂っているとどのような効果があるかというと、まずはナトリウム、つまり塩分の排出の促進、そして血圧を下げる効果があります。
塩分の排出を促進するということは利尿作用があるということであり、ひいてはむくみを改善する効果もあります。また、カリウムが不足すると倦怠感を感じやすくなり夏バテしやすくなります。
特に汗をたくさんかく夏場にはカリウムをたくさん摂って夏バテ予防にも繋がると言えますね。

 

水太り解消にカリウムサプリは効果的?

きちんと運動をしてしっかり汗をかいて、というのが習慣に出来る人は良いですが、なかなか難しい方もいるのではないでしょうか?そんな方におすすめできるのがカリウムのサプリです。むくみを解消するサプリにはカリウムという成分が豊富に含まれており、カリウムを摂取し続けることで利尿作用がかなりアップします。カリウムはスイカにたっぷり含まれていて、すいかを食べるとトイレが近くなりますよね?あれはカリウムの作用なんです。トイレが近くなるということは水太り解消にも大変効果があります。しかも、意外と即効性があるのと続けやすいのも良いです。
運動や筋トレが苦手な方でも、お風呂には毎日入ると思います。しっかりお風呂で汗を流して、カリウムサプリで不要な老廃物を排出するというのを続けてみてはいかがでしょうか?

 

カリウムサプリはお酒を飲んだ日にも効果的?

先ほど、カリウムサプリはむくみ解消に効果的と言いましたが、実は即効性が高く、お酒を飲んだ次の日にむくまない為にも、お酒を飲む日にカリウムサプリを飲んでおくと効果覿面です。
また、お酒をのむということは居酒屋でしょうから、一緒に塩分の高い食事もとりますよね。塩分の多い食事も水太りやむくみの天敵で、体内の塩分を薄くしようとしてどんどんと水分を摂ってしまいます。1日2リットルくらいの水分であれば、むしろ積極的に飲むべきなのですが、お酒の席ではもっとたくさんの水分をとっています。
ですからお酒を飲むときに水太りを解消させるためににカリウムサプリを飲んでおくと良いでしょう。

 

カリウムは食品で摂れないの?サプリの方がおすすめ?

カリウムを多く含む食品は意外とたくさんあります。しかし、カリウムは水に溶けやすいのと熱に弱い為、調理して食べる食材よりは果物や野菜から摂る方が望ましいです。
カリウムを多く含む果物はバナナ、アボカド、リンゴが有名です。野菜ではブロッコリーやほうれん草を初めとする緑黄色野菜やさつまいも、たけのこといった根菜にも豊富です。
また意外とカリウムが多いのが切り干し大根やパセリです。
魚介類ですと、煮干し、するめ、干しエビ、かつおぶしといった乾き物に豊富です。カリウムは飲み物で摂取することもできます。スポーツ飲料は代表的ですが、実は抹茶にも豊富です。
そして、カリウムを多く食品として一番カリウムを摂りやすいのが海藻類です。海藻類でカリウムが特に多いのが、あおさ、こんぶ、わかめ、とろろこんぶ、ひじき、そしてのりです。

カリウムの摂取目安量は?一日にどれだけ摂れば良いの?

現代人はカリウム不足の傾向にあり、カリウムに対しても厚生労働省が定める摂取目安量があります。
カリウムの食事摂取基準は、成人男性で1日2,500mg、女性で2,000mgです。こちらは目安の数値で、目標量となると男性で3,000mg以上、女性で2,600mg以上となります。
ちなみに妊婦さんの場合は2,000mgで授乳中のお母さんの場合は2,200mgが目安になります。

 

では、これらカリウムの多い食品からカリウムを摂取しようとするとどのくらい食べないといけないのでしょうか?
例えば、カリウムを摂りやすいバナナ。バナナは100g摂っても360mgのカリウムです。だいたい大き目のバナナ半分くらいでしょうか?
ざっと、100g中のカリウムの含有量をまとめてみましょう。

アボカド・・・720mg バナナ・・・360mg 切り干し大根・・・3,200mg パセリ…1,000mg こんぶ・・・5,300mg するめ・・・1,100mg

問題は100g食べてこの量なんですよね。カリウムの摂取目安量を毎日補おうとすると相当バランスの良い食生活を毎日続けないといけないことになります。
やはり仕事が忙しかったり生活のリズムが乱れたりするときだってありますし、ご飯を抜いたりすることもありますよね。
そんな時にカリウムサプリは便利です。カリウムは摂取上限はありませんが、摂り過ぎは良くないですが、摂取目安量を基準にしてカリウムサプリで摂ってあげた方が
むくみ解消の為には楽だし安上がりと言えますね。

 

 

カリウムサプリに副作用はあるの?

カリウムサプリ自体に副作用はほとんど認められていません。

 

しかし、カリウムの摂り過ぎには要注意です。
カリウムは普段の生活を送っていると不足しがちな栄養分。
だからこそサプリで補うことでむくみや体に良い影響を与えてくれるのですが、カリウムを摂取しすぎることで体調不良を引き起こすこともありえるのです。

 

現在、大人のカリウム摂取の基準となる数値は1日に

 

・男性2500mg
・女性2000mg

 

となっています。
カリウムが豊富だといわれるバナナ100gに含まれるカリウムの量が360mgなので、1日にバナナを700gほど食べないと補給できない量となっています。
バナナ1本の重さが大体約100gほどなので、1日にバナナを7本食べなければ摂取できない量だということですね。
(1日に摂取する目標として上げられているカリウムの摂取量は男性3000mg、女性2600rです。)

 

カリウムの過剰摂取量として具体的な数値は人それぞれ異なる為言い切れませんが、海外の研究ではカリウムを5rまでの摂取なら特に問題はないという結果が出ていますが。
しかし、5mgを超えるとカリウムによる副作用が起こる可能性が高くなるという報告があります。

 

カリウムサプリに含まれるカリウムの量は具体的な数値が示されているものは少ないですが、飲み方を守って飲む分にはほとんど副作用がないといっても良いでしょう。

 

しかし、飲み方を守らずに過剰にカリウムサプリを飲んだ場合には副作用が出てしまう恐れがあります。

 

カリウムの過剰摂取による副作用には

 

・吐き気
・嘔吐
・下痢
・げっぷ
・腎機能障害

 

などがありますので、安全に効果的にカリウムサプリを使用するときにはサプリの飲み方を守って飲むようにしましょう。

カリウムサプリがドラッグストアにない3つの理由。なぜ市販で見かけないの?

カリウムサプリはドラッグストアでほとんど市販されていないのを知っていましたか?

 

今はたくさんのサプリメントがドラッグストアで売られているのに、何故カリウムサプリが市販されていないのか気になりますよね。

 

そこで私なりにカリウムサプリがドラッグストアでみかけない理由について調べ考えてみました。

 

また市販のサプリについても少しご紹介しているので是非参考にして見て下さいね。

 

カリウムサプリが売られていない3つの理由

 

カリウムについていろいろ調べていくと、カリウムサプリがドラッグストアで市販されていない理由として考えられることが3つありました。それらをまとめてみたので一緒に見て行きましょう。

 

1.カリウムは食品から十分に摂れる

 

カリウムは神経・筋肉・脳の伝達・心臓の脈拍調節などの働きをする大切な栄養素の1つであるミネラルです。カリウムの主な効能と効果はむくみ解消・高血圧の予防そして利尿作用などがあげられます。

 

厚生労働省は「カリウムは多くの食品に含まれており、通常の食生活で不足になることはない」と断言しています。このことよりわざわざ店頭で販売をする必要がないと考えることができますよね。

 

ただ厚生労働省はH27年の「国民健康・栄養調査」の結果で外食が多い現代の食生活ではカリウムの摂取量が少ない傾向にあるとも言っているんですよ。

 

2.カリウムサプリは安易に摂取すると危険

 

カリウムの過剰摂取はとても危険で命にかかわる可能性もあります。特に腎臓疾患の
ある人はカリウムサプリを飲むのを避けなくてはいけません。ドラッグストアとしては安易に市販することは避けたいのではないでしょうか。

 

しかしサプリメントは健康食品なので基本副作用はなく、厚生労働省が決めた摂取量を超えないようにきちんと用法を守れば危険ではありません。

 

3.多くのメーカーが通信販売を主流としている

 

カリウムサプリのほとんどが消費者のニーズ(必要性)を重要視するために通信販売で売られています。店頭であまり見かけない理由にはそのことも関係していような気がします。

 

3つの考えられる理由のほかにもう1つ加えるとしたら、カリウムは単体で販売されていることがほとんどないんです。そのお話の続きは次の章で詳しく説明しますね。

 

市販のカリウムサプリはおすすめできないかも

 

カリウムは確かに余計な水分や塩分を排出する働きを持っていますが、血行を良くする効果はありません。栄養素は単体でとってもあまり意味がなく相性の良い成分と一緒にとることで効率よく力を発揮すると言われています。

 

またカリウムと塩化カリウムは効能としてはほぼ同じですが根本的には違うものです。

 

私が調べたドラッグストアで売られているカリウムサプリの原材料は塩化カリウムでした。効能はカリウムと同じで余分な塩分の排出と利尿作用です。
塩化カリウムは食品衛生法では指定添加物に分類されていますがほとんど有害性はないと言われています。この成分は海水の中に含まれているので、最近は海水から塩化カリウムを精製する方法が主体になっています。カリウムと同じで過剰に摂取すると命の危険にもかかわってくるので用法は必ず守らなくてはいけません。

 

ちなみに通販のカリウムサプリは自然由来成分の野菜や植物に含まれるカリウムをたっぷりと含むものがほとんどなので添加物とは異なります。人工物ではなく、天然の自然由来の物の方が安心して使用することができます。また通販のサプリにはカリウムだけではなく血行をよくする成分もたくさん含まれているので、むくみにとても効果的と言えます。
公式ホームページに行くとしっかり成分・効能が記載されているので自分で納得して買うこともできますよね。なんと言ってもカリウムサプリの種類がたくさんあるので選ぶことができるのがいいですよね。

 

 

 

結局、薬局に市販のカリウムサプリはあるの?ないの?

私が調べた限りではドラッグストアの「マツキヨ」で販売されている「カリウムバランサー」と「カリウムバランス」しか見つけることができなかったので、その2つを簡単にご紹介しますね。

成分 こんな人にぴったり 価格
(税込)
カリウムバランサー
270錠(マルマン)
塩化カリウム(1103mg)
山査子エキス(さんざしエキス)
※バラ科の植物
ビタミンB6・B1・B2
塩分のとりすぎ
ストレス過多
2480円
カリウムバランス
270錠(マルマン)
塩化カリウム(1100mg)
山査子エキス
ビタミンB6・B1・B2
塩分のとりすぎ
ストレス過多
1648円

 

こうして見ると2つともほぼ同じですよね。ただ詳しく見てみるとカリウム・ビタミンの量が若干カリウムバランサーの方が多いというくらいです。

 

ただネットで調べるとマツキヨにも在庫がないと表示されているのでもしかすると店頭にもない可能性があります。

 

むくみを解消するカリウムサプリは通販がおすすめ

 

通販ってドラッグストアに比べて注文の時に面倒な部分もありますよね。ドラッグストアで買う事を否定するわけではありませんが、通販には高品質のカリウムサプリがたくさん存在します。是非一度通販のカリウムサプリものぞいて見て下さいね。